自分の歯のような感覚でしっかり咬めるインプラント

歯は、虫歯や歯周病といったお口の病気、スポーツや事故などによって失ってしまうことがあります。たとえ1本歯を失っただけでも、身体にさまざまなリスクをおよぼします。

【失った歯を放置することから考えられるリスク】

  • 周囲の歯が倒れこむ、移動して
  • しっかり咬めない(消化器への負担)
  • 歯並び・咬み合わせが乱れる
  • 息もれにより会話がしにくい(発音障害)
  • 見た目に悪い

こういった状況に陥らないためにも、歯を失ったらできるだけ早くその機能を補う補綴(ほてつ)治療を行う必要があります。現在、選択できる補綴治療としては、「入れ歯」「ブリッジ」、そして「インプラント」があります。なかでもインプラントは、自然な咬み心地と見た目が取り戻せる治療として、近年注目されている治療法です。

インプラントとは?

失った歯の部分の顎の骨に生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、上部にセラミックなどの丈夫で美しい人工歯を取り付ける治療法です。外科手術が必要で自費診療のため高額となりますが、メリットが多いことから従来の治療法とは一線を画している治療法として注目されています。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。 1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。 横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり咬むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラント治療は比較的新しい治療法ですが、そのメリットの多さから日々研究が重ねられています。以前であれば、ブリッジや入れ歯でしか対応できなかった症例であっても、特殊な治療法の開発によって、インプラント治療が可能になっています。インプラント治療によって思いきり咬めるようになり、食事や会話の喜びもよみがえったという声が数多く聞かれるようになりました。まずは、インプラントの実情、そしてデメリットまで含めて知り、治療法の選択肢の一つとしてご検討ください。

 

無料相談する

医院情報を見る

  • ページの先頭へ戻る
  • ページの先頭へ戻る