きちんとメインテナンスができなければ抜け落ちることも

クリーニング

インプラントには、天然歯と同等かそれ以上のケアが必要であることを実感できない方も少なくありません。最新の医療技術によるインプラントは何十年も品質が維持できると謳われているうえに、人工物は病気にもならず丈夫なものだと考えられているためです。

しかし、インプラントは人工物であるがゆえ、感覚に乏しいといった欠点があります。また、虫歯になることはありませんが、インプラントを支える歯周組織が歯周病菌に冒されるインプラント歯周炎になることがあります。そのため、毎日のセルフケアとともに、歯科医院での定期的なプロケアが欠かせません。適切なケアが遅れてしまうと、脱落するなどのトラブルに陥ることがあるのです。

ケアの必要性をきちんと認識していないと、治療をやり直さなければならないようなトラブルを招くことにもつながりかねません。長期にわたって快適に咬める生活を送るためにも、メインテナンスでしっかりインプラントを維持しましょう。

当センターでのメインテナンス

当センターでは、術後のメインテナンスを積極的に受けていただくようにお願いしています。インプラントの位置や咬み合わせのチェックはもちろん、インプラント周囲にトラブルがないかなどをしっかり確認し、クリーニングなどのプロケアを施します。定期的にメインテナンスを行うことで、トラブルの予兆を素早く察知することもできます。

PMTC

歯科衛生士などによる専門器具を用いたクリーニングです。歯の表面、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間の汚れ・プラーク(歯垢)・歯石を徹底的に除去します。インプラント歯周炎の予防に大変有効であるとともに、清潔な口腔内環境の維持にも大いに役立ちます。

クリーニング

薬剤塗布

清掃

研磨ペースト

フッ素塗布

完了

ブラッシング指導

インプラントを維持するためには、治療において毎日のブラッシングがとても重要です。しかし、どんなに丁寧に磨いても、自己流の磨き方では効果的なクリーニングができていないもの。磨き残しの傾向から、歯ブラシを当てる角度や力加減など、より適切なブラッシング方法を担当の歯科衛生士がご指導します。

ご自宅でのメインテナンス

インプラントはしっかりメインテナンスさえできていれば、長期に安定して使える耐久性の高いものです。とはいえ、歯科医院でのメインテナンスだけで充分かといえばそうではありません。ご自宅でのセルフケアももちろん大切です。

セルフケアを怠れば、インプラント歯周炎の原因菌でもあるプラークは毎日溜まっていきます。歯科医院でのメインテナンスにプラスしてご自身で効果的なケアを実践し、プラークをきちんと除去してトラブルを予防しましょう。

岡山インプラントセンターの4つの特徴

 

無料相談する

医院情報を見る

  • ページの先頭へ戻る
  • ページの先頭へ戻る